肝斑 原因

MENU

肝斑の原因

シミというと、紫外線が原因であるイメージが大きいと思いますが、肝斑は女性ホルモンのバランスが乱れることが大きく影響しています。

 

年代でいうと、30〜40代の女性に目立ちます。
中には20代で肝斑ができることもあります。

 

また、ホルモンバランスの乱れが影響しているため、妊娠中やピルを服用している人や更年期の人によく現れるシミが肝斑です。

肝斑の予防方法

肝斑の原因は、女性ホルモンの乱れあることは説明しました。
肝斑を予防、進行させないためにはホルモンバランスに気を配ることが大切になります。

 

規則正しい睡眠やバランスよい食事を心がけるようにしましょう。

 

また肝斑は、紫外線で悪化してしまうので外出時は紫外線対策を徹底することが大切です。
ストレスによっても、肝斑は悪化するといわれています。上手にストレスを解消することも大切です。

肝斑に効く薬について

肝斑は、内服薬が有効なことはご存知かと思います。
その中でも「トラネキサム酸」は有名ですね。

 

ただ、トラネキサム酸は副作用も強く摂取することができない方もいます。

 

そこで有効なのが「生薬」や「漢方」です。肌の代謝を促進する働きや女性ホルモンの乱れを整える働きがあります。

 

下記より肝斑に効く薬について詳しく解説しているので参考にしてください。

 

⇒肝斑に効く薬※原因から正しく選ぶ※

 

よく読まれている記事