肝斑消したい

MENU

肝斑を消したい|原因から正しいケア方法

30代から40代で多いシミの悩みとして肝斑があります。
その原因は、女性ホルモンのバランスの乱れであり紫外線が原因ではありません。

 

そのため、ピルを服用している方や更年期で現れることが多いという特徴があります。

 

肝斑を治すには、女性ホルモンのバランスを整え肌の代謝を促進してメラニン色素を追い出してあげることが大切になります。

肝斑はスキンケアがいい?それとも薬?

シミのケア方法として、化粧品などでスキンケアする方法と内服薬で治す方法があります。

 

肝斑もメラノサイトの活性化によるシミでメラニン色素なので美白化粧品などのケアは有効です。

 

ただ、根本の原因が女性ホルモンの乱れなので『内服薬』がスキンケアよりも有効な改善方法となります。

 

肝斑に効く薬は、トラネキサム酸がいいのか?

肝斑に効く内服薬として、よく処方される薬が「トラネキサム酸」です。

 

トラネキサム酸は、メラノサイトに働きかけ肝斑を改善してくれるお薬です。

 

ただ、トラネキサム酸は止血剤なので、持病(血栓ができやすい人)などは服用することができません。
トラネキサム酸は副作用の強い薬なのです。

 

市販で販売されている「トランシーノ」という薬も第1類医薬品に分類されている薬で比較的服用が強いものになります。
トラネキサム酸を処方してもらいたいという方は、まず専門家に相談することをおすすめします。

肝斑に効く薬|トラネキサム酸ではなく『生薬』

肝斑の原因は、女性ホルモンの乱れなので『生薬』がとても有効です。

 

生薬成分は、女性ホルモンの乱れを整え、肌の代謝を促進するので肝斑に高い効果が期待できます。

 

この生薬成分を含むシミに効く医薬品が『ロスミンローヤル』です。
美白成分に加え生薬成分を含み、シミだけではなくシワにも効果が期待できるお薬です。

 

シミとシワに効く国内唯一の医薬品でもあります。

 

ロスミンローヤル口コミをまとめているので参考にしてください。

 

⇒ロスミンローヤルの悪い口コミと良い口コミ

 

肝斑に効く薬について