キミエホワイトプラス 妊娠中

MENU

キミエホワイトプラスは妊娠中に飲んでも大丈夫?

キミエホワイトプラス妊娠中

妊娠を経験したことがある方や現在妊娠中の方ならわかるかもしれませんが、妊娠中はシミに悩まされる女性が多くいらっしゃいます。

 

何とかして消してしまいたい!と必死になってシミ消しクリームを塗ってみたり、いつも以上にスキンケアを頑張ってみたり・・・。

 

色々なことをしてみても結局シミが消えなかったという方も多いはず・・・。

 

シミ消しに効果のある内服薬もあるけれど、赤ちゃんへの影響が出てしまうかもしれません。

 

でもちょっと待ってください!!シミ消し効果のある「キミエホワイトプラス」は妊娠中でも飲むことが出来るのです!

 

とは言っても、やっぱり本当に赤ちゃんへの影響がないのかどうか気になりますよね。

 

今回はキミエホワイトプラスを妊娠中に飲んでも大丈夫なのか、妊娠中のシミへの効果があるのか、というところを調べてみました。

 

キミエホワイトプラスは妊娠中に飲んでも問題はありません!

キミエホワイトプラスの効果効能を見てみると、その中のひとつに「肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期のビタミンCの補給」というものがあります。

 

発売しているメーカーが「妊娠・授乳期のビタミンCの補給」を推奨しているのですから、妊娠中に服用しても問題ないでしょう。

 

原材料を調べてみると、アミノ酸やビタミン類ですので、特に赤ちゃんへの影響は問題なさそうです。

 

ではシミへの効果はどうなのでしょうか。

 

そもそも妊娠中のシミはなぜできる?

通常のシミは紫外線などの外的要因でメラノサイトが刺激され、シミの元となるメラニン色素が作り出されます。

 

しかし妊娠中のシミの場合は、女性ホルモンの乱れから起こるものです。

 

もちろん妊娠中でも外的刺激を受けることはありますので、そのせいでシミや肝斑が出来てしまうこともあります。

 

また妊娠中につわりがひどくて、日焼け止めのニオイが無理になってしまい、ケアが出来なかったというパターンもあります。

 

しかしそれだけでは、妊娠中にシミが増える原因とは言えません。それならば今まで通りか、少し増えるくらいで済むからです。

 

やはりたくさん出来てしまうのは、女性ホルモンのバランスが乱れてしまうからだと考えて良いでしょう。

 

キミエホワイトプラスは妊娠中に出来るシミにも効果がある?

この結論は実際効果があるかないか、難しいところです。

 

確かにキミエホワイトには「L-システイン」「アスコルビン酸」「パントテン酸カルシウム」などのシミに効果のある成分は含まれています。

 

これらは、先ほどもお話したメラノサイトやメラニン色素に作用します。

 

しかし妊娠中のシミは、女性ホルモンの乱れによるもの。キミエホワイトには女性ホルモンのバランスを整える効果がある成分は入っていません。

 

つまり根本的な改善はされないということです。

 

女性ホルモンの乱れによって出来てしまったメラニン色素自体には効果はありますので、全く効果なし!というわけではありません
もちろん効果を実感できる人もいらっしゃいます。

 

ただメラニン色素を破壊していくスピードよりも、女性ホルモンによって刺激されるスピードの方が早ければ効果は実感できないでしょう。

 

女性ホルモンの乱れも整える生薬配合のシミに効く医薬品ならロスミンローヤルがおすすめです。妊娠中も安心して服用できますよ。

ロスミンローヤルの口コミ

 

キミエホワイトプラスを妊娠中に飲む場合の注意点!

キミエホワイトプラスは基本的には、妊娠中や授乳中に飲んでも問題はありません。

 

その時期の栄養補給に飲むことをすすめているくらいですからね。赤ちゃんへの影響はまず心配ないでしょう。

 

しかしやはり妊娠中の女性の身体はとてもデリケートなものです。

 

普通なら副作用が起こらなくても、妊娠中の場合いろいろなトラブルが起こってしまうこともあります。

 

例えば、白髪が増えたり湿疹ができたり、また便秘になってしまうこともあります。特に妊娠中は元から便秘になる人が多いので、悪化してしまうことも・・・。

 

もしキミエホワイトプラスを飲んでみて、上記のような症状やその他でも気になる事があれば飲むのをやめて、産婦人科の先生に相談してくださいね。

 

また飲む前に心配なことがある方も、産婦人科の先生に相談してみましょう。

 

まとめ

キミエホワイトプラスは妊娠中でも飲めるシミ対策薬でした。

 

しかし妊娠中のシミは女性ホルモンのバランスによるためのものなので、基本的には出産後しばらくすると消えていくことが多いのです。

 

もちろん妊娠中に受けた紫外線からのダメージの場合はなかなか消えませんが、ほとんどの場合、産後1〜3年ほどで消えるでしょう。

 

そのため妊娠中のシミを気にして、わざわざ薬を飲む必要はないと思います。やはり妊娠中はデリケートですので、何が起こるかはわかりません。

 

赤ちゃんに薬の影響がなくても、お母さんの体調が悪くなれば赤ちゃんも少なからず辛い思いをするのです。

 

もし妊娠中のシミが気になっても、出産してホルモンバランスが落ち着いて、そしてそれでもシミが消えなければキミエホワイトプラスを飲み始める、というので十分でしょう。

 

どうしても妊娠中にキミエホワイトプラスを飲みたいのであれば、まずは産婦人科の先生に聞いてからにしましょう。

 

その方が色々と安心ですよね。そして万が一、体調に変化があればすぐに服用はやめて、医師に相談するようにしてくださいね。

 

関連ページ

キミエホワイトは肝斑に効く!?
キミエホワイトは肝斑に効くのか?肝斑の原因から解説しています。本当に肝斑に効く薬についてもご紹介しているので参考にしてください。
キミエホワイトは怪しい会社?|口コミが少ないのはなんで?
キミエホワイトは怪しい会社なのか?口コミが少ないのはなんで?また本当にシミに効くのか?
キミエホワイトプラスに副作用はないの?飲む前に知りたい注意点
キミエホワイトプラスは副作用の危険性があるのでしょうか?ここでは、キミエホワイトプラスに配合されている成分から副作用の有無について詳しくご紹介しています。
キミエホワイトプラスは楽天、Amazonでも買える?最安値はココ!
キミエホワイトプラスの最安値情報をご紹介しています。キミエホワイトプラスは、楽天やAmazon、公式サイトなどどこで購入すれば1番お得なのでしょうか?