肝斑レーザー治療

MENU

肝斑にレーザー治療は向かない!

一般的なシミ老人性色素斑などのシミを除去するためにレーザー治療は用いられますが、実は『肝斑』には不向きと言われています。

 

というのも、肝斑は強い刺激を与えると悪化することがわかっています。
レーザー治療の後に、炎症性の反応で肝斑が悪化する可能性があるのです。

 

肝斑の原因は、女性ホルモンの影響なので「内服薬」が有効です。
ホルモンバランスを整え、肌代謝を促進することで徐々に改善することが出来ます。

 

⇒肝臓に効く薬※原因から正しく選ぶ※

 

肝斑を改善するには生活習慣も大切

肝斑の原因は、紫外線ではなく「女性ホルモンの乱れ」であることを説明しました。

 

肝斑を悪化させない、予防改善するにはこの女性ホルモンを整えることがとても大切なのです。

 

規則正しい生活や栄養バランスの良い食事なども心がける必要があります。

 

また、肝斑は紫外線を浴びることでより濃くなり改善しにくくなります。日々の徹底した紫外線対策も重要です。

肝斑レーザー治療をどうしてもしたい

肝斑のレーザー治療をどうしてもしたいと方もいらっしゃると思います。

 

まずは、専門の医師に相談してみましょう。
ほとんどのクリニックで無料カウンセリングを行っています。

 

また、レーザー治療は各クリニックで料金も違ってくるので事前に確認しておくことが大切です。

 

肝斑に効く薬について