ロスミンローヤル 肝斑

MENU

ロスミンローヤルは肝斑にも効果がある?!

ロスミンローヤル肝斑

肝斑にお悩みの方はいませんか?
30代を過ぎると女性が気にし始める肝斑ですが、これをどうにか治したいと試行錯誤を繰り返す方も多いですよね。

 

シミそばかす、小じわなどに効く「ロスミンローヤル」が肝斑にも効果があるのでは?と話題になっています。

 

しかしながらロスミンローヤルの効果や効能には、シミそばかす、シワ、ニキビ、肌荒れ、疲労回復、冷え症、肩こりなどが記載されていますが、「肝斑」は入っていません。

 

ではなぜ話題になっているのでしょか?ロスミンローヤルが肝斑にも有効である可能性について考えてみます。

 

肝斑とは?

そもそも肝斑とは「シミ」です。普通のシミとは何が違うのかと言うと、シミよりもっと治りにくい、酷い症状のものです。

 

肝斑は両方の頬骨の辺りに出来やすく、ほぼ対象に同じサイズである事も特長です。クッキリ、ハッキリしたシミと言うよりは少しぼやけたようにも見えるシミです。

 

肝斑が出来る原因って?

肝斑が出来る大きな理由の一つは、卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどの女性ホルモンだと言われています。妊娠や経口避妊薬をきっかけに肝斑に悩まされるようになる方が多いからなんです。

 

他にもストレスや疲労によるホルモンバランスの崩れやなども原因になります。また、紫外線も肝斑の発生や悪化の原因と言われています。

 

つまり、ロスミンローヤルが女性ホルモンの乱れを整えることができれば肝斑にも効果が期待できると言えます。

肝斑とトラネキサム酸の関係

肝斑にはトラネキサム酸が大いに効果があると言われています。トラネキサム酸とは、人工的に作られた止血効果・抗アレルギー効果などがあるアミノ酸の一種です。

 

これが近年、肝斑の治療として飲み薬や化粧水などにも使われています。ロスミンローヤルには、このトラネキサム酸が含まれていないので、肝斑が治ると言われるのに疑問視する声も多いと言う訳なんです。

 

ただ、トラネキサム酸にもデメリットがあり副作用の危険性があります。

 

※肝斑に効く薬「トラネキサム酸」の副作用と危険性について

 

なぜロスミンローヤルが肝斑にも効くの?

ロスミンローヤルは肝斑に効く

それでもロスミンローヤルが肝斑にも効くと話題になるのには理由があります。

 

紫外線のシミに対する効果

ロスミンローヤルには、紫外線によって出来てしまったシミそばかすにL-システイン、ビタミンCである、アスコルビン酸などが有効に働いて、シミそばかすを軽減につながっています。
これが肝斑にも作用しているのではないだろうかと言う事です。

 

血行を良くして女性ホルモンを整える効果

ロスミンローヤルには9つの生薬成分を含む22種類の有効成分で構成されています。これらの成分には血の流れ、つまり血行を良くする効果やホルモンバランスの乱れを整える効果があります。

 

女性ホルモンには血管拡張作用があり、これが血行不良の一因になっているんです。ですから、血行がよくなるホルモンバランスが整うという効果からロスミンローヤルは肝斑に効くと言われているのです。

 

まとめ

ロスミンローヤルは肝斑に効く

  • 肝斑とはシミ
  • 肝斑の原因は女性ホルモンバランスの崩れや紫外線
  • ロスミンローヤルの有効成分が肝斑にも効果がある可能性

 

いかがだったでしょうか?
ロスミンローヤルが肝斑にも効果が期待できるということがわかりました。

 

ロスミンローヤルの22の有効成分が女性ホルモンを整えて、紫外線による悪化を防ぐためで肝斑の予防改善にも効果が期待でき、それが「ロスミンローヤルが肝斑にも効く」とされているのでしょう。

 

 

>>ロスミンローヤル詳細|75%オフでお試しはこちら<<

 

 

 

 

参考記事