肝斑 食べ物

MENU

肝斑は身体の内側から治せる!|肝斑に良い食べ物と栄養素について

肝斑は、できてしまうと治るまで時間がかかります。

 

顔に左右対称にできることからできれば早く治したい、出来ないように予防したい症状のひとつ。

 

今回は、肝斑の改善や予防に良い食べ物を調べました!

 

肝斑を改善するにはどうすれば良いの?

肝斑はの一種で30〜40代の女性に多いシミの一種。その原因として

  • 紫外線ダメージ
  • 女性ホルモン

などがあります。改善、予防するには、病院などを受診して治療をうけることもできますがまずは毎日の食事、生活にも気を付ける必要があります。

 

女性ホルモンを整える食べ物を教えて!

肝斑食べ物女性ホルモン

これは毎日摂りたい!女性の味方“大豆イソフラボン”を含む食べ物!

 

大豆イソフラボンとは名前の通り、大豆製品に含まれる栄養素で、女性ホルモン“エストロゲン”に似た働きをすることから、肝斑の原因でもあるホルモンバランスの乱れを整え、肌の新陳代謝を促すことで改善にも効果があります。

 

大豆イソフラボンの1日の摂取目安量は70〜75mgくらいとされています。・豆腐、納豆、みそ、豆乳、油揚げ、大豆煮、きな粉 など

 

手軽にとれる“豆乳”や“納豆”がオススメ!

スーパーやコンビニで売っている豆乳飲料の無調整のもの(200ml)で約37〜45mlの大豆イソフラボンが摂取できます。

 

納豆なら1日1パック納豆で1日分の大豆イソフラボンを摂取できるので手軽です!

 

女性特有の不調にも効果がある“ビタミンB6とビタミンE”も積極的に摂ろう!

ビタミンB6、ビタミンEには女性ホルモンの分泌を促して、ホルモンバランスを整える働きがあり肝斑の改善にも効果的。

 

ビタミンB6には、月経前症候群(PMS)の症状を和らげる効果、ビタミンEは“若返りのビタミン”と言われていて、皮膚の酸化を抑え肝斑を予防する働きがあり、さらに血液循環を改善して、生理痛を和らげる効果もあります。

 

1日摂取量上限と目安(成人女性/日)

  • ビタミンB6 目安 1.2mg 上限 45mg
  • ビタミンE  目安 6.0mg 上限 700mg

 

  • ビタミンB6→かつお、さんま、マグロ、バナナ
  • ビタミンE→ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ)

 

☆参考ページ「グリコ ビタミン 日本人の食事摂取基準」→http://www.glico.co.jp/navi/e07-2.html

 

意外と知られていないバナナのすごさ!肝斑改善や予防にも効果あり!

肝斑食べ物バナナ

バナナは、βカロテン・ビタミン・ミネラル、ポリフェノールなどを多く含む栄養豊富な果物。ビタミンB6の含有量も他の果物に比べ多く1本0.38mg!

 

中でも抗酸化力が高い部類に入るバナナは、老化の進行を早める活性酵素を無毒化する効果や、血管や細胞の酸化を予防する効果があります。

 

食物繊維もたっぷり便秘解消することで、肌の調子がよくなるという効果もあります!バナナの皮をむいたときに、身の部分についている白い筋に高い抗酸化作用があるので、一緒に食べるようにしましょう!

 

☆参考ページ「バナナ大学」→http://www.banana.co.jp/younger/reason/index.html

 

美白効果がある食べ物が知りたい!

お肌のキレイに欠かせない“ビタミンC”を含む食べ物

美肌に欠かせない成分であるビタミンCは、肝斑の改善にも有効です。ビタミンCは、シミや肝斑の原因にたるメラニン色素の生成を抑制する働きや、若々しい肌を保つ為に必要なコラーゲンの合成にも必要となります。

 

  • 1日摂取量推奨量(成人女性/日)

 ビタミンC 目安 100mg 上限なし

 

  • 果物→アセロラ、キウイフルーツ、柿、いちご、パパイア、はっさく など
  • 野菜→赤ピーマン、黄ピーマン、芽キャベツ、青ピーマン、ブロッコリー など
  • 藻類→焼きのり、味付けのり、ほしのり、青のり など

 

☆参考ページ「ビタミネ」
→http://vitamine.jp/bita/bitac01.html

 

ナッツも果物も入っている“フルーツグラノーラ”がオススメ!

肝斑食べ物フルーツグラノーラ

 

朝食やおやつとして人気のあるフルーツグラノーラなら、果物やナッツも入っているからビタミンや食物繊維などバランスよく栄養を摂ることができます!

 

牛乳やヨーグルトなどを混ぜることで、カルシウムも摂れるので人気モデルや芸能人の朝食として今や定番となっています!

 

ビタミンCの過剰摂取による心配はないの?
  • 通常の食品を摂取している人で、ビタミンCの過剰摂取による健康被害が発現したという報告は現在のところない
  • 健康な人がビタミンCを過剰に摂取しても、消化管からの吸収率が低下して、尿として排出されるので心配はない

 

☆参考ページ「厚生労働省「日本人の食事摂取基準」」→http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html

 

肝斑に良い食べ物まとめ

  • 女性ホルモンを整える栄養素(大豆イソフラボン、ビタミンB6、ビタミンE)
  • 美白効果のある栄養素(ビタミンC)

その中でも、毎日手軽に食べることができる食材として、

  1. 豆乳飲料(大豆イソフラボン)
  2. 納豆(大豆イソフラボン)
  3. バナナ(ビタミンB6)
  4. フルーツグラノーラ(ビタミンC、ビタミンE)

などがオススメです。

 

生野菜や果物は、1人暮らしの人や仕事が忙しい女性は避けがちな食材かもしれませんが、朝食やおやつにフルーツグラノーラを食べたり、お弁当を買う場合も野菜が多めのものにすると栄養素を多くとることができます。

 

 

肝斑の原因にアプローチできる漢方、生薬成分配合の医薬品

 

⇒肝斑に効く薬Best3はこちら

 

肝斑に効く薬参考ページ

 

TOP⇒肝斑 薬